top.jpg.png

2014年08月21日

ご報告

 皆さまにご報告です。5月18日の大戦(おおいくさ)が終わり3か月の時が過ぎました。

 負け戦について数々のご指摘やご意見が耳に入りますが、「敗軍の将、兵を語らず」私の力量不足が全ての原因であり、一切の言い訳、反論はいたしません。真摯に受け止めさせていただきます。真摯に受け止めさせていただきますが、事実でないことが流布されているということについては大変残念に思っております。

 しかしながら、それはそれ。遠くはない将来に大戦(おおいくさ)についてお話が出来る日が必ず来ると信じています。

 ところで5月18日以降、私は引きこもっていたわけではなく、個人事業所を設立、知人の事業の手伝いをさせていただきながら、これから進むべき道、進まねばならぬ道について模索、熟考して参りました。

 その結果、この度「政治」の第一線から離れることを選択させていただくに至りました。これは「夢」や「理想」、「志」といった綺麗事ではなく、家族の生活を守るための「父親の責任」からの選択です。1か月以上の就職活動の結果、ご縁があり今後は会社組織の一員として収入を得るために時を過ごします。

 しかしながら、政治の第一線から離れるのは「一時」です。必ず、必ず、必ず再起します。大戦(おおいくさ)でお世話になった方々、ご支援いただいた方々すべてに直接ご挨拶はできませんが、多くの方々にご理解をいただければ幸いです。

 会社組織の一員としてのスタートは明朝から。7年8か月ぶりの「出勤」に不安いっぱいの夜を過ごしています。(笑)

posted by Nakcy at 21:03| お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

終戦の日 

 今日は8月15日。終戦の日です。3年8カ月という大東亜戦争の苛烈を極めた戦いの中で、多くの将兵が家族を思い、祖国の安寧と民族の幸せを念じつつ戦地に赴き、雄々しく戦い、散華されるとともに、多くの市民の方々も戦災の犠牲となられました。その数、国内外を合わせ約310万人に及びます。

 これらの尊い犠牲が礎となって今日のわが国の平和と繁栄があるということを決して忘れてはいけません。戦没者に対し敬意と感謝の念を忘れることなく慰霊の誠を捧げ、それを次の世代に伝えていくことこそ、今に生きる私達国民の責務であると私は考えています。

 正午に合わせ、我が子とともに黙祷を行いました。

posted by Nakcy at 20:09| 私的主張 | 更新情報をチェックする