ブログトップ H29 8.jpg

2014年11月19日

メディアと解散総選挙

 昨日、facebookに記した内容に加筆、修正して以下ブログに記します。政府の経済政策の是非や景気回復云々の話ではなく、番組構成の話です。

 新聞紙上で早々から騒がれてきましたが、いよいよ21日に衆議院が解散する模様です。私自身どのような立場でどのような立ち振る舞いをせねばならぬか???と危惧しておりましたが、どうやら会社勤めを続けつつ、今回は一人の日本国民として選挙を傍観できそうです。ホッとしつつも些かさみしい感じもしますね。(笑)

 関連して昨朝のニュースで大変に気になった映像がありました。GDPの速報値が2期連続マイナス成長であったことを取り上げ、街ゆく人々にマイクが向けられました。景気の良し悪しを尋ねたわけですが、マイクを向けられたすべての人が「景気が良くなった実感はない。」との回答。そして極めつけは照明が消された暗い自動車部品製造工場にて経営者の男性にマイクが向けられました。経営者いわく仕事が増えず、経費削減に努めているとのこと・・・。

 この映像は印象操作がなされているとしか私には見えません。おそらく、街行く人にマイクを向けた際、「景気が良い!」と回答した方がいたとしても番組の構成上カットされているでしょう。

 また、自動車部品の製造工場といっても仕事を請け負うメーカーや車種、取り扱う部品によって仕事量はまちまちです。「自動車部品の製造工場」と一括りにしてしまうのはあまりにも雑すぎます。

 現在、私は自動車部品を取り扱う会社に勤めておりますが、毎日毎日とんでもない仕事量です。入社した8月以降、仕事量が減るどころか、増える一方で来月は休日返上も余儀なくされることでしょう。これは入社以来経験したことがない受注量であり、会社の様子からは景気の悪さは微塵も感じられません。

 数字は嘘をつきません。GDPが2期連続マイナス成長だったことは事実です。しかしながら昨朝の番組では、総選挙を前にして意図的に政府の経済政策が失敗であったことを万人に印象付けさせているとしか思えません。政府の経済政策の恩恵を受けている人々もいるはずなのにそこには全く触れません。これはまさに閉口頓首。

 メディアの印象操作は今までもありましたが、これからも続くことでしょう。メディアから垂れ流される情報は、常に疑う目を持つこと。そして情報は「感じる」のではなく「理解する」姿勢が極めて重要であると私は考えています。

posted by Nakcy at 23:22| 私的主張 | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

調査表記入依頼と噂話

IMG_1980.JPG

 これまで、外に向け私自身の今後の身の振りについて具体的なことを申し上げたことはありません。しかしながら、我が家に「2015統一地方選挙立候補予定の皆様」と書かれた新聞社6社、テレビ局1社の共同調査表が届きました。先日は私の留守中に記者さんからも連絡があったそうです。

 昨日郵便局に行った際、大戦(おおいくさ)で熱心に応援をしてくださった方に偶然にお会いしました。ご挨拶をさせていただくとともに近況の報告もさせていただきました。数分足らずの会話でしたが、私の知らないところで私の意思とは違った話がチラホラあがっているようです。相も変わらず人の噂話というのは無責任ですが実に面白いですね。(笑)

 良くも悪くも思うところはありますが、世間様に話題に挙げていただける存在であることはありがたいことなのかもしれません・・・。


posted by Nakcy at 10:11| ブログ | 更新情報をチェックする