ブログトップ H29 8.jpg

2017年06月29日

6月定例会閉会

 上程されたすべての議案が承認、可決されるとともに、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙が行われ6月定例会が閉会しました。

 今日は特別に記すことが一点。日程の途中で最大会派内の調整で総務文教委員長が明確な理由を述べないまま所属委員会を変更したため突如失職。そして、委員会内の選挙により新委員長として保泉和正議員が選ばれました。すると同じく明確な理由が示されることなく、責任を取るということで総務文教副委員長も突然辞任。選挙により新副委員長として、柳沢暁議員が選ばれました。

 私の所属委員会は異なりますので、一連の出来事を傍聴させていただきました。

 定例会開会中の所属委員会の変更や常任委員会委員長の失職など前代未聞の出来事です。先例や秩序などお構いなしの野放図。私は全員協議会の席で事態の顛末の説明を議長や失職した前総務文教委員長に求めましたが、
 「委員会に混乱を招いた責任」
 「会派内での出来事」
 「指摘を受ける筋合いはない」
 「犯罪的なことをやったわけではない」(原文ママ)

 ということ以外、述べられることはありませんでした。羽生市の意思決定機関である市議会。自浄作用を機能させるべく市議会議長が采配を振ることができないのは残念極まりありません。

 この件がこれで幕引きということはないとは思いますが、この出来事が当事者たちの人物評価に繋がったことは間違いないでしょう。

 前委員長の失職や副委員長の辞任の理由について、議員間では様々なことが言われています。明確な事情や理由が当人の口から述べられないまま不確定なことは記せませんので、核心には触れず抽象的に記しています。

 私自身、今回の出来事を隠すつもりは一切ありません。しかしながら、拙ブログは皆さんが想像されている以上にアクセス数が多いだけでなく、羽生市外の驚くような立場の方がご覧になっているというお話も伺います。各方面への影響が危惧されますので、これ以上の内容を記すことは控えさせていただきます。

 ご連絡をいただければ、いつでも説明に伺わせていただきます。諸般の事情をお汲み取りいただければ幸甚に存じます。

 そんなこともあり、また時期的なこともあり、夕方、敬愛する大先輩に何度も電話しましたが繋がらず。一部では死亡説や体調不良説が流布されたこともあったため、ちょっと心配になり(笑)(笑)(笑)、自宅に突撃訪問。お留守でした。すっきりしないまま帰宅し間もなくすると私の電話が鳴りました。聞き慣れた陽気な声を久しぶりに耳にし、うれしく思うとともに、市議会がこんな状況になってしまったことが情けなく、また申し訳けなく胸が苦しくなりました。

 
posted by Nakcy at 21:26| 議会報告 | 更新情報をチェックする