2019選挙 演説.jpg

2020年05月25日

小中学校が再開します!

 緊急事態宣言の解除に伴い、小中学校が再開します。以下、羽生市教育委員会からのお知らせです。

1 学校の再開
 令和2年6月1日(月)から学校を再開します。分散登校等は実施せず、通常通りの登下校とします。

2 感染症対策について
 (1)家庭での検温・健康観察をしていただくよう、保護者の方にお願いします。
 (2)体調不良(発熱・咳等のかぜの症状、倦怠感がある等)の場合は登校を控えていただきます。
 (3)登下校中及び校内では、飛沫防止の観点から、マスクを着用させます。
 (4)教室における「3つの密」を徹底的に避けます。
   @換気を行います。
   A身体的距離を確保します。
   B間近で会話や発声をする密接場面を作らないようにします。
 (5)手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底するよう児童生徒に指導します。
 (6)児童生徒が触れる共用箇所(ドアノブ、手すり、スイッチ等)の消毒を行います。

3 臨時休業分の課業日の振替措置
 (1)第1学期は、令和2年8月7日(金)までとします。(終業式8月7日)
 (2)第2学期は、令和2年8月24日(月)からとします。(始業式8月24日)


4 学校給食について
 (1)全学年、令和2年6月1日(月)から提供します。
 (2)第1学期は、令和2年8月5日(水)まで提供します。
 (3)第2学期は、令和2年8月26日(水)から提供します。
 (4)給食当番はもとより、児童生徒等全員が食事の前の手洗い及びマスクの着用を徹底します。会食にあたっては、飛沫を飛ばさないよう、机を向かい合わせにしない、会話を控えるなど配慮します。  
 (5)追加分の給食費については、別途徴収させていただきます。

5 教育課程について
 未指導分が生じていることから、授業時数が足りない場合は、時間割編成の工夫や学校行事の見直しにより対応します。

6 児童生徒の心のケアについて
 学級担任や養護教諭等を中心としたきめ細かな健康観察等から、児童生徒の状況を的確に把握し、健康相談等の実施やスクールカウンセラー等による支援を行うなど、適切に対応します。

7 部活動について
 部活動は当面の間実施しません。

8 その他
 今後の状況に応じて、変更することもありますので御了承ください。


 以上です。授業数を確保するための土曜日登校や2学期、冬休みの期間については未定のとのお話を伺っています。

 また、何件かお問い合わせをいただいている給食費ですが、徴収済みの3月分については、卒業生はすでに返還されています。引き落とし口座をご確認ください。在校生については、その対応を学校に任せているとのこと。返還している学校もあれば、返還しないで6月分に充当する学校もあるとのことです。(このへんが教育委員会と校長裁量の権限の不思議です。何度説明を受けても、私には全く理解できません。)学校にご確認ください。

 冒頭にも記しました。緊急事態宣言が全面解除されました。埼玉県の外出自粛要請も解除されました。←クリック)だからと言って、ウィルスがなくなるわけでありません。これまでの時間が帳消しになるわけでもありません。すぐに元の生活に戻れるはずもありません。

 施設等の使用制限一覧はこちら(←クリック)

 羽生市としても、公共施設の利用や各種事業を段階的に再開していうことになるでしょう。これから長い年月は、第2波、第3波に備えるとともに、ウィルスとの共存を念頭に、新しい生活様式(←クリック)の実践を心がける必要があるものと考えています。

posted by Nakcy at 20:46| お知らせ | 更新情報をチェックする