下川崎 自転車.jpg

2017年11月10日

庁内研修に参加

IMG_3404.JPG

 羽生市議会の常任委員会は総務文教委員会と都市民生委員会の2つ。私の所属は都市民生委員会。今日は反対側の委員会である総務文教委員会が庁内研修を行うとのこと。昨年10月、視察先で議員が不祥事を起こしたことを受け、今年は視察を行わず、庁内研修を行うことに。委員長から総務文教委員以外からも参加してかまわないとのご配慮をいただき、厚かましくも参加させていただきました。研修内容は以下の通りです。

@羽生市の財政状況について
 ・予算
 ・決算
 ・財政指標
A公共施設等総合管理計画について
 ・公共施設等総合管理計画
 ・公共施設白書
B公共施設現地調査
 ・市民プラザ
 ・第6保育所

IMG_3405.JPG

 それぞれ担当課長から現状についての説明を受けました。12年前の養成塾での講義を思い出すような内容です。財政状況の善し悪しは、上を見ればきりがないし、下をみてもきりがありません。当然ながら数値的なものは把握しているつもりです。あらためて頷くようなことはありませんでしたが、担当課が葛藤しながら仕事を行っていることはよ〜く理解できました。

 公共施設等総合管理計画については、まさに私が9月定例会で取り上げた一般質問そのものです。財政につても公共施設についても先般行った私の『議会報告会』ではその概要を集まった方々に説明をさせていただいています。今日の研修でお話を伺い、事の重大性を再認識しました。

IMG_3416.JPG

 午後2時過ぎからは老朽化著しい市民プラザを現地視察。人目に触れるところは綺麗になっている市民プラザも、バックヤード部分を主として目も当てられません。まず上の写真の看板。遠くからではわかりませんが、近くでみると、大風により飛ばされそうなほど腐食、劣化しています。色も随分と褪せています。

IMG_3417.JPG

 2階駐車場に向う途中の柵。ご覧のとおりです。劣化著しく触ると崩れてしまうほど。

IMG_3414.JPG

 外壁も内壁もコンクリート地にはあらゆるところにクラックが。アルミホイルで水を誘導してバケツに溜めている個所もありました。

IMG_3412.JPG


IMG_3409.JPG

 なかなか伝わりづらいですが、雨漏りもご覧の有り様。これは上階ではなく地下の雨漏りです。

IMG_3411.JPG

 掲載するか否か迷いました。しかし現状を多くの方に知っていただくため掲載します。これは上水の配管です。錆で塞がってしまうほどの有り様です。

 市民プラザを市の施設として存続し続けるのなら、修繕しなければなりません。しかしこれらの修繕には莫大な費用がかかります。どうすべきなのか???みんなで考え、然るべき立場の方が近々に決断しなければなりません。こういったことをこれまで市は先送りし続けているのです。

 市民プラザだけではありません。他の施設も同様です。今後、人口は減少し、少子高齢化はますます進みます。税収は減り、医療費、扶助費が増えていくことは、現時点で容易に想像することができます。昨日、今日と同じ生活が明日も送れるという時代ではなくなってくるという現実を人々に理解をしていただかなくてはなりません。

 夢と希望を与えるのも政治の役目です。しかし現実に対処するのも政治の役目。

 この現状を「誰か」がなんとかしなければならないのですよ。「誰か」が・・・。

 そんなことを強く、強く思い、感じる庁内研修でした。


 夕方、自宅に戻ってからは真っ暗の中をRun。今日はペースがちっとも上がらず、爽快感もありません。10キロ走破後、汗をかいているにもかかわらず悪寒がします。そういえば研修中、首筋がこわばって仕方ありませんでした。体温を測ったところ、どうしたことか???微熱があるではありませんか!!!大事に至る前に暖かくして早めに床に就きます〜。

posted by Nakcy at 21:20| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

宮古市議会が来訪

IMG_1447.JPG

 岩手県宮古市議会 建設常任委員会の皆さんが羽生市の浸水対策事業の視察のため来訪。議長が公務出張のため、羽生市議会を代表して歓迎のご挨拶を申し上げました。

 宮古市の面積は驚くことに1,259㎢。羽生市が58㎢なので約20倍の面積を有しています。人口は羽生市とほぼ同じ。衆議院議員選挙区である埼玉12区は435㎢。中選挙区の旧4区は793㎢ですので、宮古市がどれだけ広いかお分かりいただけると思います。埼玉県の面積が3,798㎢ですので、約3分の1の面積と言った方がわかりやすいでしょうか???

 羽生市の浸水対策は決して先進的ではありません。しかしながら、平成27年に『羽生市浸水対策基本計画』を策定したことから、建設課担当者から羽生市の状況の説明をしました。

 宮古市議会が羽生市に視察研修に訪れたのですが、逆に3.11の大震災の津波の様子や昨年の台風10号(北海道のじゃがいも畑が壊滅的な被害を受けたことで、ポテトチップスが製造中止に陥るに至った原因の台風)での時間80ミリの降雨の状況、1,200戸が浸水被害を受けた際のお話を伺うことが出来、羽生市との状況の違いを思い知らされました。逆に視察を受け入れた我々の方が貴重な時間を過ごせたかもしれません。

 視察研修終了後、私が羽生市議会本会議場のご案内。市議会の定数についての説明や質問形式、会派構成などについて説明をさせていただきました。

posted by Nakcy at 20:49| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

『議会報告会』終了!

IMG_3398.JPG

 須影地区母子愛育会主催のグランドゴルフ大会にお招きをいただきました。開会式でご挨拶をさせていただいた後、『議会報告会』を行うため中央公民館へ向かいました。会場準備は昨日に全て済ませているので狼狽えることはありません。

IMG_1425.JPG

 毎年決して多い人数の参加ではありませんが、こじんまりと対話形式で行うにはちょうど良いくらいの参加人数だったように思います。ほとんどの方がリピーターと思いきや初めてご来場いただく方も4名ほどいらっしゃいました。

 ちょっと風変わりな方にご来場いただくことが多いのですが、今年は心配していた不測の事態は起こらず安堵しております。

 受付から司会、後片付けまで基本的に一人で全て行うのですが、こういった時に困るのが活動記録としての写真撮影です。会場に人が入った様子をカメラに収められないのが残念です。

 定例の『議会報告会』は今日で終了ですが、お声掛けいただければどこへでも出張で報告会を行います。畏まった報告会ではありません。私の責任においてかなり強烈な毒を途中何度も吐きます。きっと喜んでいただけると思いますよ。(笑)遠慮なく中島までご連絡ください!と言っても過去10年、お声がかかったことは1度しかありません〜。

 
posted by Nakcy at 19:28| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

県庁へ要望活動

22538700_1489284594483684_3884895042044027300_o.jpg

 雨天のため、身動きが取れず自宅にて報告会の準備と議会レポートの大量配布に備えて、ひとり黙々と折り作業に勤しみました。つらい作業です。

 午後からは電車で埼玉県庁へ。国道125号バイパス建設促進に関する要望書を上田清司埼玉県知事に届けました。

DSC_0680_20171017195130.JPG


IMG_3024.JPG

 具体的には羽生市下川崎の国道125号バイパスと国道122号の合流地点から国道125号バイパス不動岡小学校入り口までの4車線化の早期完成を求める要望です。上写真の緑線の部分です。

IMG_3007 - コピー.JPG

 加須の大橋市長を筆頭に加須市議会福島議長、加須の野本県議、柿沼県議、熊谷の大嶋県議、おなじみの諸井県議、熊谷市長代理、行田市長代理、久喜市長代理、羽生市長代理といった方々と共に要望書を上田知事に手渡しました。(写真は構図が偏っていたので右側をトリミングしました。上記の全員は写っておりません。)

IMG_3008.JPG

 写真撮影の後、大橋市長から道路整備ついて趣旨説明です。

IMG_3016.JPG

 上田知事からは「選択と集中」により、整備重点箇所にはしっかりと予算配分を行う旨の回答がありました。

 羽生市内の大きな道路整備も含まれる要望であるにもかかわらず、羽生市は市長も議長も出席しないのか??との苦言を呈される場面がありました。しかしながら私にはどうにもこうにもお答えしようもありません。

 上田知事や近隣市の方々、県職員の方々にご挨拶をし、県庁庁議室をあとに。羽生に戻りました。

posted by Nakcy at 20:12| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

「危ない隣国との付き合い方」

IMG_2994.JPG IMG_2996.JPG

 加須市民プラザで行われた、埼玉県産経会主催「危ない隣国との付き合い方」と題した産経新聞社 元ソウル支局長 加藤達也氏の講演を拝聴。加藤氏といえばこの事件 (←クリック)。メディアでは決して取り上げられないかの国の姿中心とした講演であっという間の90分です。
 
 理解しているつもりではいましたが、あらためて隣国との価値観の差異について思い知らされる講演でした。中でも最も異なるのが下の図。

E99F93E59BBD.png

 日本の優先要素とはまるっきり逆なのです。さらに「話せばわかる。」「約束を守る。」「謝れば丸く収まる。」という日本の常識が国際社会の常識ではありません。 

 講演は「日本人は怒りの感情を相手に伝える能力が欠けている。」という言葉で締めくくられました。妙に納得してしまう日本人の私でした・・・。

 
posted by Nakcy at 21:32| 活動日記 | 更新情報をチェックする