ブログトップ H29 8.jpg

2017年09月16日

大宮ソニックシティーにて

 雨が降りだす前に!と思い、起床しすぐに庭掃除。芝を刈り、除草をし、玄関まわりの砂の除去。実にすっきりしました。そのままの気分で大宮ソニックシティーへ。

IMG_2743.JPG

 所属する青年地方議員の会の勉強会です。埼玉県庁 産業労働部 商業サービス産業支援課 副課長 家田忠様をお招きし、埼玉県内商店街活性化策について最新の情報をお話していただきました。

IMG_2748.JPG

 提示された数々のデータを確認させていただくと、商店街の課題が浮き彫りになります。やる気のある商店街を埼玉県として全面的にバックアップしたい!という言葉で締めくくられました。

 勉強会の後は青年地方議員の会の総会です。

IMG_2755.JPG

 
IMG_2760.JPG


IMG_2764.JPG

 新座の平松市議が司会、会代表の菅原県議が議長として予算、決算、事業報告、事業計画などについて説明し、総会は滞りなく終了。

 その後は会場をソニックシティー付近の居酒屋に移し、懇親会です。

IMG_2767.JPG

 2名から新たな決意表明がありました。また「ちがうだろ〜!!!!!」「このハゲ〜!!!!!」で一躍有名になった選挙区に大変に縁のある議員が4名いたことから、興味深い話を多数聞かせていただきました。

 大変刺激的な一日を過ごしました。

posted by Nakcy at 00:00| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

金山町を襲った豪雨の爪痕

IMG_0094.JPG


IMG_0068.JPG



 
 お招きを受けた沼沢湖水祭りでの役目を終え、帰路につく前に町内を視察させていただきました。平成23年7月、新潟・福島集中豪雨にて金山町も甚大な被害を受けました。上の写真は豪雨で流されてしまったJR只見線の陸橋です。6年が経過した現在でも4年前に視察させていただいたときと変わらない様子であり、未だ復旧されていません。

IMG_0078.JPG

 会津川口駅から只見駅は不通となっていることから、その間の駅は現在使われておりません。写真は会津横田駅。雑草の生命力は強く、人の姿が消えるとご覧のとおりです。

 JR只見線は金山町民にとっては、会津若松や新潟に移動するためには重要な路線です。そのほか鉄道は通っておりません。

 しかし、懇親会やお祭りのオープニングセレモニーの際、長谷川町長様からお話がありましたが、JR只見線の存続が6月に正式に決定したため、これら崩落した陸橋もしっかりと修繕されるとのこと。その背景はこちら(←クリック)をご確認ください。

 私の写真よりも現在の様子がわかりやすい動画を見つけましたので、以下ご確認ください。


 このJR只見線は、羽生市で例えるなら伊勢崎線や秩父鉄道です。そう考えるとその重要性がご理解いただけるのではないでしょうか?

 只見線の状況の他、敷地内に入れないため、うまい具合に写真に収めることはできませんでしたが、東北電力水力発電所の現況も確認しました。

IMG_0084.JPG

 只見線の様子を確認した後、天然炭酸水が湧き出る町内の井戸を訪れました。ライダーのオアシスとして賑わいを見せていました。

IMG_0099_LI.jpg

 そして、長谷川町長様から昨年9月に新設された日本に2か所しかない炭酸温泉である温泉保養施設「せせらぎ荘」(←クリック)の招待券をいただきましたので、しっかりとお湯につからせていただき2日間の公務出張を終え羽生に戻りました。

 羽生市の友好都市である福島県大沼郡金山町 (←クリック)。妖精の里と言われ面積は293㎢。人口は約2,000人。山と只見川、沼沢湖。そして素晴らしい温泉が湧き出る町です。温泉はまさに秘湯の趣き。冬は大変な雪に包まれます。秋の紅葉はまさに絶景。是非とも多くの方に足を運んでいただきたいと思います!

posted by Nakcy at 19:51| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

あだたら高原少年自然の家跡へ

IMG_2617.JPG
 
 友好都市である福島県金山町の沼沢湖水祭りにお招きをいただいたのは、昨日お知らせしたとおりです。金山町に向かう前に二本松市に立ち寄らせていただきました。それは一定世代には思い出深いであろう羽生市立あだたら高原少年自然の家跡に立ち寄らせていただくため。

 羽生市立あだたら高原少年自然の家は昭和50年に建設されました。しかしながら施設の老朽化に伴い、平成24年度に1億5400万円をかけて廃止、解体されました。予定では平成23年に廃止、解体されることになっていましたが、東日本大震災により避難施設として活用されたため、廃止、解体が1年延期されました。更地にして植樹を行い3年後の平成27年に敷地は国に返還されました。

P1040580.JPG

 平成25年に施設跡を訪れた際はこんな感じでした。


 それが現在ではこんな感じです。この場所にあの大きな施設が建っていたというのは言われなければわかないほどになっています。

IMG_2627.JPG

 4年前より草木の背丈が伸びているのは一目瞭然。敷地の奥に足を踏み入れて見ると、玄関前にあった樹木がなんとなく当時の面影を残しているような気がします。
 
IMG_2621.JPG

 これが植樹をされた松です。

 あだたら高原少年自然の家が廃止され、市内小中学校の林間学校やスキー学校はどうなっているの???という問い合わせを多数いただきますが、それぞれの学校がそれぞれの民間施設を活用しており、あだたら高原少年自然の家がなくても何ら支障なく、同じように学校生活を送っています。

 施設がなくなったことにより、ノスタルジックな感情に浸る方も多くいらっしゃるようですが、これがまさに時代の変遷なのでしょう。施設の維持管理には莫大な費用がかかります。右肩上がりの時代とは異なり教育施設と言えどもライフサイクルコストや費用対効果をまるで無視した行財政運営は次世代に大きなツケをまわしかねません。こういった現状、実情を多くの人間が理解する必要があると考えています。

posted by Nakcy at 17:41| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

学校応援団の活動

IMG_2014.JPG

 地域活動として、また2人のわが子がお世話になったご恩返しとして須影小学校の学校応援団に名を連ねています。今日は1年生の校外学習の引率補助を行いました。学校から南羽生の風の公園までの往復です。距離にして片道800m弱。元気な子供たちに圧倒されつつお役目を果たしました。

IMG_2016.JPG

 公園で1年生と1時間ほど過ごしましたが、近所の子供に手を引かれ、ブランコまで連れていかれると、背中を押してくれとのこと。久しぶりに不特定多数の子供達とのかかわりだったので、不覚にも子供達と接するときの「イロハ」の「イ」を忘れていました〜。一人の背中を押してしまったら、まさにendless・・・。次から次へと大変な騒ぎに。頃合いをみてその場を逃げ出すと次は鬼ごっこのリクエスト。私が鬼で逃げる子どもは4人。あっという間に捕まえました。その後は4人の子供が鬼になり、私一人が逃げる役に。当然ながら次第に鬼が増え、テレビで時々目にする「逃走中」のようでした。(笑)

 その他、同じく引率補助を行った2人の元自治会長さんに議会報告、近況報告もさせていただき、子供たちと汗だくになりながら貴重な時間を過ごしました。

DSC_0619.JPG

 午後からは気持ちを入れ替え、市議会副議長として羽生市防犯協会の総会に出席させていただきました。

 
posted by Nakcy at 21:49| 活動日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

防犯協会の監査

 市議会副議長のあて職として羽生市防犯協会の監査を仰せつかっています。7月4日に年度総会が行われるにあたり、羽生警察署担当者同席の元、会計監査を行いました。市役所会計管理者と共に、各領収書と通帳の数字を照らし合わせるといった作業です。帳簿と通帳に差異はありません。そのほか特別に指摘すべきことはなく、署名、捺印。監査終了です。

 その後、6月定例会報告であるNO,60レポートの最終校正です。夕方には発注完了。自宅近所のローソンで決済です。発注データの確認が終わり次第、印刷開始となります。最も安価な10日後以内の刷り上りで発注しました。皆様へのお届けはそれ以降になる予定です。しかしながら、10日後以内ということであっても、これまで10日もかかったことはありません〜。

posted by Nakcy at 20:10| 活動日記 | 更新情報をチェックする