ブログトップ 刷新.jpg

2018年05月04日

今年も定植!

IMG_0135.JPG

 小さな庭の小さな畑に、今年も野菜の苗を植えました。茄子、ビーマン、ミニトマト、さつま芋、激辛唐辛子です。加えて、シソや大葉、ニラは毎年種を撒かなくても、庭のあちこちに生えてきます〜。(笑)

IMG_0136.JPG

 空いたビニールポットにはオクラの種を撒きました。

 ここ数年、さつま芋とミニトマト以外は、なかなか苗が育たず、収穫量が極めて少ないのは残念です。今年はどうなることやら・・・。

posted by Nakcy at 00:00| 趣味の話 | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

長身ゆえの不便

 私の身長はプロフィールにあるとおり184p。調子によっては185pのときもあります。(笑)日本人男子の平均身長が170pほどだそうなので、私はかなり長身の部類に入ります。長身がゆえ、不便を感じることがあり、それをいくつか挙げると・・・。

@便器が小さい。
A浴槽が小さい。
B既製品の服のサイズが少ない。
Cジェットコースターの安全バーがきつく腰に悪い。(笑)  など・・・。

 日常生活において最も不便でストレスを感じるのは車の運転席の狭さです。と言っても、勤めを辞めてから公用車なるものは乗る機会がなくなりましたが、ちょっとした機会に人様の車を運転する際、シートの高さやハンドルの位置が体に合わず、大変に窮屈なのです。日本で生産し、日本でしか販売されない車は、日本人の平均的な体に合うように設計されていることに加え、最近は燃費向上の観点から、空気抵抗を小さくするため、1BOXを除き、屋根が低い車が多いということに気付く人は少ないかもしれません。だったら、車格の大きな車に乗れば?と思われるかもしれませんが、車格の大きな車は、私の趣味に合いません。私にとって車は移動するための道具ですが、運転は娯楽の一つでもあります。

 20年以上前、初めて買った車は当時流行りのサンルーフが付いていました。そのために車内の天井が低くなってしまい屋根に髪の毛をこすりつけながら運転することを強いられました。その次の車は、シートに座ると太腿にハンドルの下部があたってしまい、ハンドルを小径のものに交換。その次の車は、私の座高が高いことから、室内ミラーが視界の妨げになり危険でした。その次の車も天井に頭がついてしまうとともに、ハンドルの下部が太腿にあたってしまい、操作の妨げとなりました。このときはシートレールを交換。座面を5p下げ、ハンドルも小径のものに交換。ハンドルボスにスペーサーを噛ませて、位置をより高く、より体に近づくように調整したことで、最高のドライビングポジションを得ました。それが故、この車とは15年以上も共に過ごしました。

 こういったことから、ドライビングポジションが合う、合わないで心的ストレスと運転の疲労感がまるで異なることを学んでいます。

 昨年12月に中古購入した現在の車は、販売台数が少ない特殊な車種グレードです。同じ車種グレードは3代前からイギリスで生産され、日本に逆輸入されていることから、私の車は最後の日本国内生産です。日本人向けに設計された日本専用ボディーであり、現行型のように万国人向けボディーではありません。そうであっても、車の性格上ハンドルはもともとより小径。チルド機構の他に、手前に寄せることもできる優れものであるため、膝回りの窮屈感はありません。しかしながら、シート座面の高さと私の座高が相まって、交差点で停止線に止まると、首を傾けないと信号が見えません。さらに室内ミラーが視界を妨げます。窮屈なだけでなく、腰高感が落ち着きません。

 心的ストレスや運転の疲労感を感じる車と、これから先何年も共に過ごすのは精神衛生上よろしくありません。自分の体を小さくすることは出来ないので、この不満を解消するには、これまでと同様に車に加工を施すしかありません。

 というわけで、このたびシートレールを交換しました。

シート加工.jpg

 ご覧のとおり、見事に下がりました。シートレールのメーカーでは約3pダウンとの説明でしたが、写真ではそれ以上に下がっているように見えます。いくつかのレビューにあったとおり、体感的にはもっと低くなったように感じます。頭上の空間も、膝回りの空間も、視界も広くなりました。停止線では首を傾けなくても信号がしっかり見えます。

 私にとって車のドライビングポジションが合わないということは、サイズが合わない小さな靴を履いているようなもの。と、説明すれば皆様にご理解いただけるでしょうか???(笑)

 安価に素晴らしいドライビングポジションを手に入れることができ、大変に満足しております!

posted by Nakcy at 20:28| 趣味の話 | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

靴を新調!

IMG_3964.JPG
 
 本格的に意識をして走り始めたのは一昨年5月の連休が明けてから。それから今日まで走った距離は1,500キロを超えました。当初は2足の靴を気分により履き分けていましたが、特殊な履き心地の1足は普段履きに回しました。残った1足で1年以上も走り回ればそりゃ〜靴も傷みます。そこで数日前、1年半ぶりにyahoo spで購入。昨日夕方に届いたのが上の写真。adiZERO boston BOOST 2。サイズは28.5p。

IMG_3965.JPG

 黄色の方がこれまで履いていた靴です。外観上はそんなに痛んだ感じはありませんが、靴裏をみるとこんな感じです。

IMG_3976.JPG IMG_3977.JPG

 体重が乗る母趾球の部分と踵付近がすり減っているだけでなく見た目ではわかりませんが、クッション性は著しく損なわれています。

 そんな理由から新調しました。新調した靴の感触を確かめるために、早速10キロほどゆっくりと走ってみました。これまでの靴(黄)のかっちりした硬い履き心地とは異なり、新しい靴(橙)は大変に軽く柔らかい履き心地で、快適、快調です。

 3月の羽生さわやかマラソン大会はこの靴を履いて走ります!

posted by Nakcy at 17:26| 趣味の話 | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

SUZUKI アドレスV125S ヘッドライトの交換

 連日議会準備に勤しんでおりますが、今日は趣味を話題にします。(笑)

 先日、八潮へ選挙応援に行った帰り道で、突然バイクのヘッドライトが消えてしまいました。幸いなことに消えたのは自宅付近。ココモケンゾー横で消えました。突然に前が暗くなったので、あれ??と思いましたが、すぐに状況は飲み込めました。いわゆる「ライトの球切れ」というやつです。

 ホームセンターで簡単に購入できると思ったら、そうではなく、やはりバイクショップかバイクの部品量販店まで行かないといけないようです。上向きの球は元気なのですが、夜道にヘッドライトを上向きにして走っては対向車に迷惑をかけてしまいます。しばし考え、Amazonで購入することにしました。

IMG_2716.JPG IMG_2715.JPG

 届いたのが上の写真です。スタンレーのハロゲン電球12v 40/40w。

 気分転換と出費を抑えるため、自分で交換を行います。下の写真の赤丸の3か所のネジを外します。右下の写真のカギの差込口上のネジは外さなくても大丈夫ですね。

IMG_0258.JPG IMG_0257.JPG

 ヘッドライト下のネジは慎重に外さないといけません。ボディーカバーの中に落としてしまったら取り出すのが厄介ですからね。

IMG_2721.JPG

 結合部のゴムカバーをずらしで左右のサイドミラーを外します。

 車体に傷がつかないようにマイナスドライバーを差し込み、カバーを外します。この作業がもっとも慎重さを必要とします。

IMG_2718.JPG

 無事外れました。私の場合、ブレーキレバーの交換で一度外したことがあるので、容易に外れましたが、初めてときは大変でした。

 ケーブルを外し、電球を取り出します。写真を取り忘れましたが、捻れば簡単に外れます。

IMG_2717.JPG

 取り出した電球は片方のフィラメントがやはり切れていました。写真ではわかりずらいですね。

IMG_2719.JPG

 新しい電球をはめて、エンジンをかけてみると無事にライトは点灯。外す時とは反対の作業で部品をはめ、ネジを締めて作業完了。15分もかかりませんでした。

 バイク屋さんに交換を頼むと、良心的でも部品代2000円 交換工賃2500円といったところでしょうか?今回の交換は部品代の1381円で済みました。

 いつも何かが起こる八潮市議会議員選挙。8年前は、告示の前にバリカン型の芝刈り機で左親指先を飛ばしてしまい大けがを負い、激痛に耐えながらマイクを握りました。4年前は選挙中に越谷周辺で竜巻が発生するほど大気が不安定で、バイクに乗っての帰り道、蓮田付近で辺りが真っ白になるほどの激しい雹に降られました。冗談ではなく、この世の終わりと思えるほどの降雹であり、あれほどの降雹には未だ遭遇していません。それに比べれば今回のライトの球切れは大したことはないですね〜。(笑)

posted by Nakcy at 19:02| 趣味の話 | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

突然の銃声???

IMG_2669.jpg

 暑さ厳しい中、今日はちょっと長い距離を走ろうと気持ち勇んで自宅を出ました。いつものように一旦加須に向かい、加須から羽生に向けて葛西用水路沿いを走っていると、中手子林と北袋の境付近で自転車に乗るおじいさんと遭遇。すると突然自転車の前籠から銃のようなものを取り出し、空に向けて撃ちました。響き渡る大きな音。予想もしない出来事に、何事???と思い目を凝らすと、おじいさんが手にしている銃はスターターピストルでした。田んぼの鳥よけだったのだと思いますが、初めて目にする光景です。

 どうせ音を鳴らすなら、もう少し気を遣っていただきたいものです。すれ違いざまにあんなに大きな音を鳴らされては、声をあげてしまうほど驚き、飛び上がってしまいました。寿命がいくらか短くなったような気すらします。(笑)

 そんなこともあってか???今日はいつになくバテバテで、結果10キロほどしか走れませんでした〜。



posted by Nakcy at 00:00| 趣味の話 | 更新情報をチェックする