ブログトップ H29 8.jpg

2017年06月14日

小中学校のプール

 お知らせのとおり、6月定例会は、昨年参加したセミナーを羽生市に反映させるべく、学校プール関連の一般質問を行います。公共施設の盲点ともいうべき学校プール。学校総務課に同行していただき、市内で最も古い学校プールと比較的新しい学校プール。特徴のあるプールをそれぞれ視察させていただきました。具体的には西中、東中、北小、村君小です。
 
IMG_1985.JPG

 西中のプールです。築53年が経過しています。大規模改修を繰り返していることから、53年が経過しているわりにはきれいに見えます。ちなみにここは25mではなく50mプールなので、一見すると学校プールには見えません。

IMG_1987.JPG

 北小はプールが2つあります。これは低学年用の水深が浅いプールです。底のコンクリートが割れて水漏れしてしまうため、簡易補修が施されています。

IMG_1990.JPG

 プールは塩素を大量に投入するため、浄化ポンプの痛みが激しく、北小プールもご覧のとおり。腐食が目立ちます。

IMG_1991.JPG

 全校児童47名の村君小プールです。市内学校プールの中では新しく築20年です。柵で水深が分けられています。折角村君小まで足を向けたので、校長先生に校内を案内していただきました。小規模特認校に関する一般質問を行った時以来かもしれません。

IMG_1994.JPG

 ここは何年生の教室だったかな???5名で1クラスです。

IMG_1996.JPG

 このとき、私が目にした休み時間の校庭はこんな感じでした。

IMG_2000.JPG

 東中のプールです。コンクリート造りではなく、アルミ造りとなっています。地盤沈下のため、プール層は大きく傾いてしまっていますが、水漏れはないそうです。

IMG_1999.JPG

 水栓が老朽化しており、写真ではわかりづらいですが、元栓を閉めない限りチョロチョロ水は出っぱなしになっています。

 少子化、高齢化は進み、民生費は年々増大。各種のインフラも老朽化が進み、維持すること自体に負担を強いられるようになることは間違いないでしょう。高度経済成長期とは異なり、大幅な税収増が見込めなくなった昨今において、あれも!これも!という時代は過去の産物になりつつあります。これからは、あれか!これか!という選択の時代になってくることは間違いありません。

 これら、老朽化が進む市内小中学校のプールの現状を踏まえ、今後の学校プールのあり方について21日の本会議場で問題提起します。既成概念に捕らわれることなく、先進的かつ、未来志向の答弁がいただけることを期待しています。

 写真を撮るのを忘れてしまいましたが、西中や東中の校庭の隅に倒してあるサッカーゴールやハンドボールゴールの存在も大変に気になりました。このことについても一般質問の別の項目で取り上げます。

DSC_0598.JPG

 夕方、久しぶりに羽生駅西口のもっちり庵へ。気温が高くなり、お店は名物のかき氷を食す若人で大盛況。しかしながら、私はいつものもっちり焼きを購入。今日の日替わり気まぐれはミートチーズ。家族で1個づつ美味しくいただきました。

posted by Nakcy at 20:47| 視察 | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

兵庫県3市へ視察

 常任委員会である都市民生委員会で11日から13日の2泊3日で兵庫県3市に視察に行ってきました。3市とは具体的に

@明石市 全国初離婚後の子供の養育支援について
A三木市 婚活支援について
B小野市 福祉給付制度適正化条例について


 ひとつめの明石市では元衆議院議員でもある泉市長にも同席していただき、事業の総論について説明していただきました。離婚後の養育支援については全国初の取り組みであることと、泉市長の発信力で多くのメディアに取り上げられております。

IMG_6109.JPG

 名刺交換の後、なかば強引に2ショット写真を撮らせていただきました。

IMG_6114.JPG


IMG_6115.JPG

 細かな事業の内容、各論について説明をしてくださったのは弁護士資格も持つ職員2名です。

IMG_6126.JPG

 説明を受け、いくつかの疑問点を積極的に質問させていただきました。

 二つ目の視察場所は三木市です。三木市は婚活課という専門の課を作り婚活事業を行い、若年層の定住化と少子化対策に取り組んでいます。

IMG_6137.JPG


IMG_6141.JPG

 専門の課はありますが、実際の精鋭部隊は市民であり、羽生市の結婚相談委員とは異なり、規約に則り組織的に男女が婚姻にいたるよう積極的に取り組む様子を伺いました。

IMG_6158.JPG


IMG_5510.JPG

 3つ目の視察先は小野市です。小野市の福祉給付制度適正条例(←クリック)はメディアに大々的に取り上げられました。条例制定に至るまでの経緯や条例が制定してからの苦労話をじっくりと伺うことができました。最も印象的だったのはメディアではネガティブに報道されることが多かったものの、電話、FAX、メールのほとんどが条例制定を称賛する内容だったというお話です。さらにこの条例は監視社会を助長するものではなく、セーフティーネットから漏れてしまっている方を救済する意味もあるとのお話です。世間から称賛の声が多く届けられても、先進事例でありながら他の自治体で条例制定の動きが見られないという状況からこの問題がいかに繊細かを感じることが出来ます。

IMG_6179.JPG

 ところで小野市はそろばんの町です。市役所にはこんなにでかいそろばんがあります。赤くなっている玉は2016を示しています。年が変わるとこの玉も動かすそうです。(笑)

IMG_5512.JPG


IMG_5521.JPG

 小野市を視察した日は夕方から小野市研究発表会と称する職員の政策コンペが行われるとのこと。小野市議会事務局のお計らいにより、観客として羽生市議会から都市民生委員長と私、羽生市議会事務局の3名が急遽特別参加させていただきました。大変に貴重な時間でした。

 今回の先進地視察を活かすべく、早速12月定例会の一般質問で羽生市行政にぶつけたいと考えております。

 9月定例会最終日に私は都市民生委員長を辞職しましたが、辞職する以前に委員長としてすべての視察先を選定するとともに、私にとっては羽生市議会の古き悪しき慣習であったことを一部大きく見直しました。それについて本来私が意図しない、本意ではない謂われないことを喧伝する方もおりましたが、そういった方々とは全く価値観が異なるということを以前から承知しておりますので気にも留めておりません。

 この件については、各方面からご心配の声を複数いただきました。多くの方のお心遣いに感謝いたします。

posted by Nakcy at 22:17| 視察 | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

埼玉県環境整備センター視察

IMG_0466.JPG

 市議会有志で寄居町の埼玉県環境整備センターを視察させていただきました。5月の2週目ですが今年度初めての視察の受け入れということのこと。恥ずかしながら初めての環境整備センターです。羽生市の焼却灰や不燃物の一部をこの環境整備センターに受け入れていただいていることを知っている羽生市民は決して多くないでしょう。

 副所長様から施設の概要を説明していただくとともに、2つのリサイクル工場、メガソーラー、最終処分場と新設の最終処分場をすこぶる丁寧に案内していただきました。

IMG_0438.JPG


IMG_0443.JPG

 3号埋め立て地が間もなくいっぱいになるため、28億円かけて建設された4号埋め立て地です。

IMG_0454.JPG

 こういったものの焼却処分もされております。

IMG_0459.JPG

 
IMG_0448.JPG
 
 プラスチック、印刷トナー、PCのハードディスク、発砲スチロール、蛍光管などなどのリサイクルの様子を間近で見学させていただきました。撮影禁止箇所が多かったためあしからず・・・。
 
IMG_0449.JPG

 その中でも潟Gコ計画では一日90トンの処理能力を持つ焼却場が現在建設中であり、担当者さまから焼却施設の概要、建設費、メンテナンス計画などのお話を伺いました。羽生市の老朽化著しい清掃センターの現況を照らし合わせながら大変興味深く拝聴させていただきました。

 施設は大変に広い敷地です。時間が足りず不完全燃焼だったことは否めません。次回はHONDA寄居工場とセットでゆっくり視察させていただきたいと思い、早速今しがた、HONDA寄居工場の見学申し込みフォームに記入し送信させていただきました。

 HONDAの工場見学を受け入れていただくことになるなら、7月にもう一度視察をさせていただく予定です。

posted by Nakcy at 21:01| 視察 | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

石川・富山へ視察

IMG_8634.JPG

 所属する市議会都市民生委員会にて石川県かほく市、富山県富山市、射水市に視察に行ってきました。

IMG_8621.JPG

 かほく市では上下水道施設を一体管理とした包括的民間委託とマンホール蓋の有効利用について視察させていただきました。

IMG_8683.JPG

 富山市では年齢や障害の有無にかかわらず、誰もが一緒に身近な地域でデイサービスを受けられる「富山型デイサービス」について視察。

IMG_8724.JPG

 射水市では市立保育園の民間委託について視察をさせていただきました。

IMG_8751.JPG

 委託された保育園にも案内していただきました。この日は焼きいも大会が行われており、焼きあがったさつま芋をみんなが元気に頬張っていました。

IMG_8802.JPG IMG_8799.JPG

 金沢を中心に富山も射水も途中立ち寄った高岡も氷見も北陸新幹線開通により、人の数が格段に増え、特にホテル業界やタクシー業界は喜んでいるようです。

 難しいことは後々申し上げるとして、ただ見てきただけではなく、今までと同様に議員活動を通してこれらの施策を羽生市にも導入すべく取り組んでいきたいと考えております。

 ちなみに今回の視察先は3か所ともすべて私が選定をさせていただきました。限られた予算の中で各位の要望や体調などをふまえ議会事務局の担当職員と計画を立てたつもりです。その事情を知ってか知らぬか、事実でないことで騒がれても困ります。「旅行」と「視察」は全然違いますからね。

posted by Nakcy at 00:00| 視察 | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

曙ブレーキ工業羽生本社視察

IMG_8470.JPG

 市内企業視察第2弾。曙ブレーキ工業羽生本社を8年ぶりに視察させていただきました。グローバル企業のスケールの大きさに度肝を抜かれます。

 会社の形態や世界各国の拠点の説明を受けるとともに、世界経済の情勢に加え、自動車メーカーとの取引状況、ブレーキ技術の変遷、そして中でも自動車レースのお話は大変興味深く拝聴させていただきました。これまでは曙ブレーキはレースに部品供給はしていませんでしたが、6年前からF1、ニュル24耐、全日本ロードレースに参戦しています。車好きの私としてはこのへんのお話はたまりませんね。(笑)

 各種の説明を受けたのち、社内と敷地内に併設されている博物館も見学させていただきました。

IMG_8456.JPG IMG_8457.JPG   

IMG_8473.JPG IMG_8474.JPG
 ブレーキというとまず自動車を連想しますが、曙ブレーキでは自動車のほか、バイク、自転車、電車、モノレール、ロープウェイ、風力発電の風車のブレーキも製造しています。上段の写真の自転車は社長室に展示してあるものです。価格は驚きの300万円!!下段は敷地内の博物館に展示してあるバイクのブレーキと電車のブレーキです。

IMG_8459.JPG

 オフィスはどでかいワンフロア。社員の皆さんの自分の机はなく、必要な時に必要な場所に移動をして仕事をするそうです。しかしながら、動物としての本能でしょう。打ち合わせ時以外はそれぞれがなんとなく決まった場所で仕事をしているそうです。(笑)

IMG_8463.JPG

 これが創業時の会社のロゴマークです。これも博物館に展示してあります。

 昭和14年に稼働が始まった羽生製造所は現在閉鎖し、本社、研修所、博物館などが東京ドーム約2個分の敷地に広がっています。博物館は水曜日の午後に一般開放されておりますので、興味のある方はぜひのぞいてみてください。

 兎にも角にも、グローバル大企業の雇用、環境、安全など社会的責任の重大さを痛感する視察でした。

posted by Nakcy at 20:53| 視察 | 更新情報をチェックする