top.jpg.png

2017年06月22日

一般質問最終日

 一般質問の日程が終了しました。おそらく私が身を置く世界ほど、表の顔と裏の顔、あるいは2枚の舌を持ち、ご都合主義の人が多い世界はないのかもしれません。

 そんなことに思いをめぐらせ、鞄に入れてあるH20年から使っている古い手帳を開くと、いつ記したのか記憶にない文字がありました。もちろん自分で書いた文字です。

 ・政治、議会は政策が大切だが、行きつくところは義理、人情の世界
 ・お茶汲みの大切さ
 ・無闇に敵を作ってはいけない。しかし、必要以上の迎合はいらない。
 ・礼節を重んじる。
 ・嘘はつかない。
 ・人を騙すような振る舞いをしてはならない。
 ・為政者のやりたいこと、望むことと、民の感情には乖離がある。そのことを為政者はしっかりと理解しておかなけばならない。

 
 養成塾での講義?あるいは現在は国会議員の元首長の講演を拝聴した時のもの?あるいは思いに耽って自分で感じたことを記したのかもしれません。

 たくさんの方から御支持、ご支援を受けてバッチを付ける身分であるにもかかわらず、上述した当たり前の感覚や感情を持ち合わせていない人があっちにも、こっちにも、そっちにもいるのはどうしてなんだろう・・・。

 そんなことを思った次第です。しかし、その思いがブーメランのように弧を描き自分の胸に突き刺さるので、今日はこれくらいにしておきます。

 明日は2つの常任委員会に付託された議案の審査が行われます。

posted by Nakcy at 20:55| 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

首長選挙の結果

 秩父市、吉見町の首長選挙が終わりました。その結果は驚くべきものがあります。双方現職、新人の一騎打ち。秩父市長選挙は90票差で現職が当選。吉見町長選挙は11票差で新人が当選です。90票差と11票差。びっくりです。

 全国に目を向けて見ると、宮城県登米市は146票差で新人が当選。同じく宮城県栗原市は新人同士の一騎打ちで42票差。福岡県小郡市(おごおりし)も現職、新人の一騎打ちで386票差で新人が当選です。

 選挙は地域性やら、住民性やら、その時々の旬の話題やら、争点やら、候補者の背景やらが大きく影響するので、私のような外野が無責任な批評などできるはずがありません。しかしながら、秩父市と吉見町の様子は大変に気になったので、今日はその筋の事情通の方の事務所を訪れ、決して新聞に書かれることはない、秩父市と吉見町の首長選挙の舞台裏について、また今年行われる県内の首長選挙の状況についてお話を伺わせていただきました。なんだかゾクゾクします。(大笑)

IMG_1514.JPG

 話は変わり、写真は今日の新郷のオープンガーデン。福島県須賀川市から観光バスツアーが訪れました。それだけではありません。

18121684.jpg

 今日の読売新聞朝刊に地方版に大きく取り上げられたことも相まって、大変な賑わいを見せていました。折角の機会です。その賑わいをじっくりと視察させていただきました。

posted by Nakcy at 19:55| 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

予算概要説明会

 3月定例会が告示されたことにより、平成29年度予算の概要説明会が行われました。定例会はどれも大切なのですが、行政は予算偏重の傾向が強いことから、次年度予算の審査を主とする3月定例会は行政にとっても、議会、議員にとっても大変に重要であり、特別な定例会です。一般的な感覚を持っている方であれば私がここに記したことは容易に理解していただけると思います。

 定例会開会に先立ち、今日は次年度予算の概要説明会が行われました。羽生市議会議員定数14名。しかし、その重要な説明会に4名の議員が欠席。この状況は羽生市議会という合議体を構成する一人として遺憾にたえません。

 本日は進行役を任されたため、説明会冒頭、全員協議会室にいる皆さんにその他所感をお伝えさせていただきました。

 そして、資料に沿って当初予算の説明が行われましたが、ここでも問題が・・・。

 表紙をめくって1ページ目。平成29年度市政運営方針の中に誤字?変換ミス?が・・・。

 しかるべき人が作成し、複数の役職に就かれた方が決裁しているであろうにもかかわらず、だ〜〜〜れも気付かずそのまま議会に配布され、告示当日に議員から指摘され誤りに気が付くとは、なんとも緊張感がありません。さらに説明会は各部長の説明が一本調子で短絡的。そして実に事務的で無味乾燥。いつからこんな説明会になってしまったのでしょうか???

 と言ってみても、私自身も含め市議会の状況をみれば行政を責めることはできません。

 羽生市行政も羽生市議会もこういった状況であることは、大変由々しい問題であると認識しています。遣る瀬無い気持ちが胸にのしかかります。

 その憂さを晴らすように、説明会終了後は控室を同じくする先輩議員の方々と質疑通告を行うべく、予算関連資料の確認を行いました。

 
posted by Nakcy at 23:15| 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

続く質問準備

 朝から市役所4階の控室で質問準備です。毎度ながら生みの苦しみを味わっているのですが、質問の全体像が見えてきたような気がします・・・。

 ところで、検察をしながら甚だ疑問に感じる掲載がありました。それは安倍首相の訪米について。訪米の意義や成果など数々の報道がなされましたが、なぜ日本のメディアはこの事実(←クリック)を取り上げないのだろうか???

 アーリントン国立墓地についてはこちら(←クリック)
 
 このメディアの姿勢こそが、日本の歪みであることは間違いないでしょう・・・。

posted by Nakcy at 00:00| 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

給食費の口座振替

IMG_0627.JPG

 羽生市の学校給食費は小学校で4100円。中学校は4900円です。平成26年1月に文部科学省より発表された統計資料によると、自校給食方式かセンター方式といった大きな違いはありますが、全国平均中学校4822円、小学校が4266円になっています。それと比較し、羽生市の給食費は高いわけでもなく、安いわけでもなく、平均値と大きな差はありません。

 ちなみに小学校で一番高いのは長野県で5008円。逆に安いのが沖縄県で3603円。1405円も差があるというのはちょっと驚きます。

 私の幼少期は集金袋を渡され、毎月現金で払っていましたが、現在は口座振替となっているところが多いようで、羽生市も小中学校とも口座振替になっています。

 先般、わが子の入学準備をしている際、疑問にぶつかりました。この学校給食費の口座振替。小学校ではゆうちょ銀行と指定されましたが、中学校はJAバンクに指定されたのです。我が家はJAバンクに口座は持っていないので、新規開設する必要があります。

 そこで、市内の状況を確認してみると見事にバラバラ。傾向として中心市街地の学校はゆうちょ銀行で郊外の学校はのJAバンクといった感じです。

 ここで問題なのが、口座振替にかかる手数料。ゆうちょ銀行は10円。JAバンクは108円が振替のたび給食費とは別にかかります。JAバンクの108円は一般的で理解はできますが、ゆうちょ銀行の10円というのはちょっと不可解。あまりなじみのない金額です。なぜ手数料にこんなに差があるのか?まだ調査の段階ですが、ゆうちょ銀行の場合、公的な電送取引では手数料が10円とも、過去にその他の事情があったとも耳にします。

 羽生市の小中学校で同じ給食を食べているのに、指定される口座によって負担が異なるというのは、支払う側からすれば不条理です。

 保護者の一部ではこういった不条理な状況に気が付いていた方もいたようですが、その声が学校や教育委員会には届いてはいなかったようです。届いていたとしても、これまで見直しや検討されることはありませんでした。

 学校現場や教育委員会は異動が常です。地域だけでなく、自治体によっても様々でしょうから、学校職員もそれぼど気に留めることもなかったかもしれません。普段から、食育や食の安全、地産地消、学校給食費の無料化や補助、給食費の滞納などはよ〜〜〜く話題としてあがりますが、口座振替の手数料が話題になることは皆無。

 学校が指定する金融機関によって手数料に10倍以上の差が生じている現状は見過ごせません。学校は、教育委員会はどのように捉えるのでしょうか?このご時世。学校も教育委員会も、支払う側の身になって環境を整えなければなりません。

 学校給食費の学校ごとの私会計から公会計への移行の検討などを含め、この問題も一般質問で取り上げる価値があるかもしれません。

 リーダーやボスが変わった時こそ、物事を見直す絶好の機会です。羽生市教育委員会はまさに今がその機会であると私は考えています。

posted by Nakcy at 19:49| 雑記 | 更新情報をチェックする