1416.jpg

2020年10月03日

半年ぶりの山行!

IMG_1115.JPG

 3月に湯ノ丸山、烏帽子岳に登って以来、半年ぶりの山行です。目指すは三国峠。半年ぶりということで、足腰はすっかり鈍っているだろうことを想定し、緩やかな山を選び、三国山、三角山、大源太山に登りました。登山口はトンネル入り口の右側です。
 
IMG_1135.JPG

 三国山頂への途中の階段です。まさに天国に向かうようです。左手の方向には苗場のスキー場が広がっています。

IMG_1143.JPG
 
 三国山頂(1,636m)に到着。迷うことはありませんが、道標が不親切で些か困惑しました。

IMG_1154.JPG

 しばし休憩し、続いては三角山(1,690m)を目指します。急な上り、急な下りを2度、3度繰り返し、山頂に到着。ここでランチにです。

IMG_1165.JPG
 
 続いて、大源太山(1,764m)を目指しました。写真後方は、平標、仙ノ倉。その右には谷川岳、白毛門が輝いていました。どこも紅葉には少し早いようです。

 思っていたほど、足腰に負担はなく、心身ともにリフレッシュすることができたのですが・・・。

 頂上での写真でおわかりいただけますが、3座に上越方面の山、特有の雰囲気は全くなく、草木が茂っていました。天候には恵まれましたが、一面広がるほどの眺望スポットはありませんでした。そういった意味ではちょっと残念な山行だったかな〜。

posted by Nakcy at 00:00| 山行 | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

烏帽子岳・湯の丸山へ

IMG_9939.JPG

 3月定例会が終わり、鬱屈した気持ちを開放すべく山へ!3か月ぶりです。登山口付近はスキー場があり大変に賑わっていました。それを横目に登り始めは午前9時。小雪が舞い、気温は氷点下です。

IMG_9940.JPG

 しかしながら、すぐに暑くなり、汗をかかないように脱いだり着たりを繰り返し、マメな体温調整に努めました。

IMG_0077.JPG

 ご覧のとおり、お茶も凍ります〜。

IMG_0007.JPG

 小烏帽子岳に到着!

IMG_9968.JPG

 そこから700mで烏帽子岳!

IMG_0023.JPG

 風が強く、雲がかかっており、眺望がないのは残念です。

IMG_0028.JPG

 続いて、湯の丸山山頂を目指します!緩やかな山道の後に待っていたのは、1時間ほどを要した厳しい急こう配です。

IMG_0067.JPG

 2101mの山頂は踏ん張らないと、立っていられないほどの強風で、到着の余韻に浸ることなどできず、すぐさま下山しました。

 行動時間は6時間。移動距離は8.3キロ。3200calほどを消費。眺望がないのは残念でしたが、素晴らしい気分転換ができました。


posted by Nakcy at 00:00| 山行 | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

2019年 登り納め

 数日前から天気予報では本日快晴。風も穏やかとのこと。これは納めなければなりません。何を納めるか?

 そう山です!!!

IMG_3451.JPG

IMG_3484.JPG

 全てを擲ち(笑)、気持ち勇んで雪の日光へ!2019年は社山で登り納めです。

IMG_3494.JPG

 社山は標高1,827mと高くはないものの、この季節は雪で包まれ、目の前には中禅寺湖と雄大な男体山が広がり、まさに絶景です!

IMG_3497.JPG

 南西の方角には富士山を拝むことができました。

 
IMG_3521.JPG

IMG_3541.JPG

 急勾配と何度も目前に現れる偽ピークに嫌気がさしつつも、頂上に着けばすべてが吹っ飛びます。

 下山してみれば、移動距離は11.4キロ、26,000歩、7時間超、高低差は550mと少ないながらも、天候に恵まれ気持ちの良い登り納めとなりました。

 今年は自分の選挙、仲間の選挙、県知事選挙、参院補選と選挙が続いたこと。さらに環境の変化から、なかなか山に登る機会がありませんでした。しかし、4回の山行を事故なく終えることができました。

posted by Nakcy at 00:00| 山行 | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

4か月ぶりの山行

 本日完全休養。4か月ぶりの山行です。晩秋の谷川岳に向かいましたが、現地は生憎の雨。天気予報を確認すると午後まで雨雲が停滞する模様です。目的地を急遽変更し、沼田の皇海山へ。しかしながら、なんと登山口手前で一般車両は進入禁止となり工事中でした。再び目的地を変更。お手軽に赤城、黒檜山に向かいました。観光客、登山客で大沼周辺は大変な混雑でした。とてもじゃありませんが、山情緒を味わえそうもありません。

IMG_3248.JPG

 そこで、しばし下って荒山に登ることに。ここも人は多かったのですが、大沼周辺よりは随分とましです。

IMG_3302.JPG

 標高は1500mほど。山頂付近では都心のビル群とスカイツリーを拝むことが出来るほどの眺望です。

IMG_3307.JPG

 このど真ん中にスカイツリー。少し右に都心のビル群があるのですが、写真には写りませんね。

 ちょっと物足りない山行でしたが、4か月ぶりの足慣らしにはちょうど良い感じだったかもしれません。山頂付近は気温は10度を下回り、風も強く、ひと足早く冬を感じてきました。

posted by Nakcy at 21:07| 山行 | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

赤城山へ

 早い時間に目が開きました。予報どおり雨は降っていません。議会レポートの発注は済ませました。行事参加もありません。ここで行かなければ次はいつになるか分からない!眺望は期待できないことは承知のうえ。山に向かうことを決断。目指すは財布に優しく、危険はなく、そして山情緒を気軽に味わえる赤城山。

 山に登るようになって3年半。これまで何度も赤城には行きましたが、週末は初めてです。大鳥居をくぐったところでいつもと様子が異なるが分かりました。自動車、オートバイが多いこと・・・。登りの峠道ドライブはお預けとなりました。(笑)

IMG_2319.JPG

 いつものおのこ駐車場はこの混みようです〜。なんとか場所を見つけいざ! 

IMG_2315.JPG

 熊谷気象台で25度を超える時間であっても、大沼湖畔は18℃。登り始めるとすぐに汗が噴き出します。



IMG_2272.JPG

 小学校?の林間学校でしょうか???詳細は控えますが、このご一行と意識が欠落した引率の教師であろう方々の振る舞いに下山するまで苦しめられました。

IMG_2269.JPG


IMG_2289.JPG

 山頂先の見晴らし台です。人、人、人で近づけません。それより何よりトンボの数に驚きました。写真でお分かりいただけるかな??

IMG_2302.jpg

 黒檜山頂では写真が撮れませんでした。なぜ写真が撮れなかったかは容易にご想像いただけると思います。駒ヶ岳では何とか1枚〜。

IMG_2293.JPG

 人ごみを避け、一人ランチをしてると、後から再び集団が押し寄せ取り囲まれるようになってしまいました・・・。仕方ありません。早々に立ち上がり空気を感じることなく下山しました。

 しかし、やっぱり物足りません。一人静かな時間が欲しくて、大沼湖畔から小沼を目指します。

IMG_2374.JPG

 
IMG_2369.JPG

 大沼湖畔や黒檜山、駒ヶ岳の混雑が嘘のように霧に包まれた小沼には人の姿はありません。小鳥のさえずり、虫の声を聴きながら、霧、雲の動きを肌で感じつつ、しばし一人静かな時間を過ごしました。

 帰路での峠道ドライブを期待しましたが、やっぱり車とオートバイの数が多くて・・・。残念でした。(笑)

 いつも愛用しているマンフロットのミニ三脚を控室に置き忘れてしまい、今回は自撮り棒での写真となってしまいました。画角が同一で御見苦しいですがご容赦ください。

posted by Nakcy at 00:00| 山行 | 更新情報をチェックする